歯の詰め物Tooth filling

  • 目立たないマウスピース矯正 インビザライン
  • お子様の歯並びでお悩みではありませんか?小児 グラン式矯正できれいな歯並びを
  • 訪問診療にも対応
  • グラン歯科の「インプラント治療」すぐ噛めるインプラント 実績と技術力 インプラント保証制度 材質へのこだわり アフターサポート
  • マウスガード、プロアスリート徹底支援 アスリートの皆様を徹底サポート!
  • ミュゼプラチナム プロデュース MUSEE WHITENING ミュゼホワイトニングで美しく白い歯に
  • 求人募集中 RECURUIT 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています!

歯の詰め物

歯の詰め物

虫歯などで歯を削った後、部分的に詰める詰め物のことを「インレー」といいます。歯の大部分を削って上からスポッと被せる被せ物(クラウン)とは違い、必要な部分のみを削って入れる修復物のことです。

耐久性・審美性が抜群の
歯の詰め物

歯を削った部分や補填が必要な穴の形は千差万別。そのため、ケースに合った補填物が必要です。しかし、保険適用の場合は使用できる素材が決まっており、見た目、強度、耐久性のすべてにおいて満足できるとは言い難く、二次う蝕(虫歯の再発)においても患者様から多くの不満をお聞きしていました。当院の治療は、こうした患者様にもご満足いただいています。

東町グラン歯科の詰め物治療

歯科技工所との連携で精巧な
インレーを

インレーは歯を削った部分と100%同じ形を製作しなければなりません。虫歯の治療によって削られる形は千差万別。非常に複雑な形をしています。精巧な製作技術が必要なこのインレーは、当院提携の歯科技工所で作製可能です。歯科医師が採取した患者様の型取りデータをもとに、補填物製作の専門家である歯科技工士が匠の技術で作り上げます。

費用を抑えてセラミック治療を

コンピュータで詰め物を設計・製作できる「セレック」を導入しています。お口の中をスキャンし、3Dデータ化。そのデータをもとに、コンピュータが設計通りにセラミックを削り、精度の高い詰め物を作製します。従来のような歯型取りをおこなう必要がありません。通常のセラミック治療に比べて、費用を抑えた治療をおこなうことが可能です。

詰め物の種類

オールセラミック

天然歯のような美しさ

セラミックとは、陶器の素材であり天然歯の色にとてもよく似ています。装着後は隣の天然歯と比べてもまったく見分けがつかないほど。光を通すセラミックの性質によるもので、天然歯と同様の透明感を再現できるため自然に近い見た目が叶います。

天然歯のような美しさ
虫歯の再発を予防

セラミック素材は汚れが付きにくく、詰め物と歯の隙間から再発する虫歯(二次カリエス)を防いでくれます。詰め物の場合は複雑な削り跡に詰めるので、虫歯再発において予防効果の高いセラミックがとても有効なのです。

虫歯の再発を予防

ハイブリッドセラミックインレー

噛み合う歯への負担が少ない

ハイブリッドセラミックとは、セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜて製作された歯科用素材です。プラスチックを混合しているため、オールセラミックより柔らかいのが特徴の1つ。クッション性があるため噛み合う歯に負担をかけず、適度な強度があるので症例によっては第1選択肢になる場合があります。虫歯が再発しにくい二次カリエス効果はオールセラミックと同じ。金属アレルギーを引き起こす心配がなく重宝しますが、見た目はオールセラミックよりもやや劣ります。

噛み合う歯への負担が少ない

ジルコニアインレー

優れた強度を持つジルコニア

ジルコニアとは、人工ダイアモンドといわれるほど優れた強度を持つ歯科用素材です。金属と同等もしくはそれ以上の強度を持ちながら、わずかに弾性も持つため破損が少なく、金属よりも長く快適にご使用いただけるでしょう。見た目がセラミックに近いので、審美的にもおすすめしている素材です。

優れた強度を持つジルコニア

薄くても十分な耐久力があるため、インレーに適していると言えます。セラミックやハイブリッドセラミックよりも強度が強く、金属アレルギーの心配もありません。

記事監修者:東町グラン歯科 
理事長本田壮一郎

松本歯科大学卒業。ニューヨーク大学、ハーバード大学にてインプラント治療における技術研鑽を積む。(ニューヨーク大学インプラント科CDEプログラム修了、ハーバード大学歯周病科インプラント科研修修了)現在、インプラント治療の他、マウスピース矯正や小児矯正などに注力。公益財団法人日本スポーツ協会公認のスポーツデンティストとして、プロアスリートのデンタルサポートもおこなう。