セラミックCeramic

  • 目立たないマウスピース矯正 インビザライン
  • お子様の歯並びでお悩みではありませんか?小児 グラン式矯正できれいな歯並びを
  • 訪問診療にも対応
  • グラン歯科の「インプラント治療」すぐ噛めるインプラント 実績と技術力 インプラント保証制度 材質へのこだわり アフターサポート
  • マウスガード、プロアスリート徹底支援 アスリートの皆様を徹底サポート!
  • ミュゼプラチナム プロデュース MUSEE WHITENING ミュゼホワイトニングで美しく白い歯に
  • 求人募集中 RECURUIT 一緒に働いてくれるスタッフを募集しています!

セラミック

セラミック

セラミック治療とは、「美しい・丈夫・歯との親和性が高い」と評価が高いセラミック素材を用いて歯の形や色をキレイにする治療法です。

こんな方におすすめ!

    • 笑うと奥歯に入れた銀歯が見えてしまう
    • 詰めものの変色が気になる
    • 被せものをしている歯茎が黒くなってきた
    • 歯の隙間が気になる
    • 自然でキレイな歯の色にしたい
    • ホワイトニング後、被せものとの色の差が気になる
    • 前歯が欠けていて気になる
    • 金属アレルギーが心配

セラミックの特徴

  • 天然の歯と見間違えるような美しさ

    大きなメリットは審美性の高さです。銀歯やレジンに比べて、セラミックは圧倒的な美しさを誇ります。

  • 変色しにくい

    セラミックは長期的に変わらない色合いを維持できます。一方、保険の範囲内の治療で使われるレジンは経年劣化により黄ばんでしまいます。

  • 虫歯が再発しにくい

    セラミックは隙間なくピッタリ接着するため、二次虫歯を予防しやすいというメリットがあります。一方、レジンは水分や細菌を吸収しやすいうえ、歯との間に隙間が生じやすい素材。銀歯はセラミックに比べて、接着が弱いため歯との間に隙間が生じます。このようにレジンや銀歯は、隙間から入り込んだ細菌によって二次虫歯を引き起こす可能性が否めません。

  • 汚れや細菌が付きにくい

    セラミックは表面がツルンとした質感なので、汚れや細菌が付着しにくく、虫歯や歯周病予防に効果的です。

  • 歯茎が黒くならない

    金属製の詰めものや被せものは、長年使用すると金属がイオン化して溶け出し、歯茎が黒ずむ可能性があります。その点、セラミックは時間が経っても溶け出さず、歯茎が黒ずむ心配もありません。

  • 金属アレルギーの方でも使用OK

    セラミックには金属が使用されていないので、金属アレルギーの方でも安心してご使用いただけます。

セラミックのデメリット

セラミックの強度は銀歯に劣ります。強すぎる力で噛むと欠けや割れにつながる可能性があるでしょう。このため、噛み合わせを十分に配慮した設計が必要です。

東町グラン歯科のセラミック治療

  • 「セレックシステム」導入

    当院ではコンピューターを使用して人工歯を作製する「セレック治療」をおこなっています。専門技工士がお口の中を3D光学カメラで撮影。その場でセラミックを削り出して作成するので、通院したその日で治療を終えることが可能です。歯科技工所に発注する必要がないため、保険適応外の詰めものや被せものをリーズナブルな価格で製作できるようになりました。

    保険適用で白い歯!CAD/CAM冠とは?

    保険適用で白い歯!CAD/CAM冠とは?

    CAD/CAM冠とは、ハイブリッドセラミックレジン冠という白い被せものです。従来との被せものとは異なり、コンピューターが設計して作製するのが特徴の1つ。当院なら保険適用の範囲内でCAD/CAM冠の治療ができます。

CAD/CAM冠を作製する流れ

  • 1治療箇所を3D光学カメラで読み込む
  • 2情報をもとにコンピューターが設計
  • 3設計したデータをもとに、切削加工機が歯の色のブロックを削り出して被せものを作製

CAD/CAM冠は、厚生労働省から認可を受けた歯科医院だけが作製可能。2014年に健康保険診療の導入が決まり、2020年の法改定でほとんどの歯が保険適用の範囲内でCAD/CAM冠治療できるようになりました。

真ん中の歯から数えて6番目、7番目の上下の歯(第一大臼歯、第二大臼歯)は『金属アレルギー』の方に限ります。医療機関による金属アレルギー診断が必要です。
6番目の歯においては、金属アレルギーでない方でも『7番目の歯が上下左右がすべて残っている』場合に保険適用になりました(ただし、噛み合わせが強すぎないなど条件があります)。

歯科技工所との連携

歯科技工所との連携

被せものや詰めものは患者様のお口の中で長く使われるものですから、安心できる素材であることはもちろん、日々ストレスなくご使用いただけるよう高度な技術にもこだわっています。当院提携の歯科技工所では、新しい技術で精巧なセラミックを作製可能。患者様の型取りデータをもとに、補填物製作の専門家である歯科技工士が匠の技術で作り上げます。寸分の狂いも許さないその姿勢はまるで職人。当院が認めた唯一の歯科技工所です。

メタルフリーへの取り組み

メタルフリーへの取り組み

当院では、口の中で金属をなるべく使わない「メタルフリー治療」を目指しています。日本の保険診療では、これまで銀歯という金属の詰めもの・被せものが使われてきました。しかし、銀歯は金属アレルギーや歯茎の黒ずみを引き起こす要因に。審美性においても、天然歯に限りなく近い色や質感を持つメタルフリー治療がおすすめです。

セラミックの種類

オールセラミック

セラミックとは、陶器のこと。口の中で化学反応を起こさない安定した材料で、審美性にも優れています。オールセラミックはその名の通り、すべてセラミックで作製。長期間にわたり透明感と艶のある美しい白さを保ちます。審美性を求められる前歯の治療に適しています。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科治療用プラスチック)を混合したタイプです。長期間使用すると変色や劣化の可能性も。オールセラミックに比べて審美性に劣りますが、費用は抑えられます。

ジルコニアセラミック

近年登場した新しいタイプのセラミックです。非常に硬く、力がかかる奥歯にも安心して使用できます。光沢はオールセラミックに劣りますが、審美性の高い素材です。

まとめ

憧れの白い歯に

健やかで美しい口もとで充実した人生を送っていただきたいという願いから、当院は審美的な観点をとても大切にしています。そのせいでしょうか。セラミック治療をおこなった患者様のほとんどが、自分に自信を取り戻し、より一層いきいきと輝いた毎日を送っていらっしゃいます。

患者様お一人おひとりのお口の状態をしっかりと確認したうえで、満足度はもちろん、健康やQOL向上を踏まえた審美治療をご提案させていただきます。歯1本のお困りごとからお口全体のお悩みまで、どのようなことでも構いません。お気軽にご相談ください。

記事監修者:東町グラン歯科 
理事長本田壮一郎

松本歯科大学卒業。ニューヨーク大学、ハーバード大学にてインプラント治療における技術研鑽を積む。(ニューヨーク大学インプラント科CDEプログラム修了、ハーバード大学歯周病科インプラント科研修修了)現在、インプラント治療の他、マウスピース矯正や小児矯正などに注力。公益財団法人日本スポーツ協会公認のスポーツデンティストとして、プロアスリートのデンタルサポートもおこなう。