安全性・耐久性・審美性が抜群の歯の詰め物

当院で使用するインレー素材は安全性・耐久性・審美性が抜群

インレーとは虫歯などで歯を削った後に、部分的に詰める詰め物のことです。

虫歯などで歯の大部分を削り、上からスポッと被せる被せ物(クラウンといいます)とは違い、必要な部分のみを削った後に入れる補填物のことです。

削った歯の箇所や補填が必要な穴の形は千差万別の為、それぞれのケースにあった補填物が必要になるのですが、保険適用の場合は法律上使用できる素材が決まっており、見た目や強度、耐久性、二次う蝕(虫歯の再発)などで患者様の不満も多く聞かれていました。

現在は歯科素材の研究開発が進み、患者様がより使いやすく満足感が高いものが出ているにも関わらず、それに保険が効かない、見合った法律がないというのは非常に残念なことです。

しかし当院ではそういった患者様からのご要望やご質問に丁寧にお答えし、食生活などの使用環境をお聞きしたうえで最適な歯科素材をアドバイスしております。

従来の詰め物で満足できなかった患者様も、当院の治療をお受けいただくことにより高い満足を得たと喜んでいただいております。

当院ではクラウン(被せ物)だけでなく、インレー(詰め物)にも各種高品質の歯科素材をご用意しております。

 

オールセラミック

セラミックとは陶器の素材のことで、天然歯の色にとてもよく似ています。
セットした後は隣の天然歯と比べても全く見分けがつかないほどです。

これはセラミックが光を通す性質があるためで、天然歯と同様の透明感があるので自然に近い見た目になるのです。

セラミック素材は安定性が高く、詰め物と歯のスキマから再発する虫歯(二次カリエス)を起こりにくくしてくれます。

インレーの場合、複雑な削り跡に詰めるので、二次カリエス予防効果の高いセラミックはとても有効なのです。

 

ハイブリットセラミックインレー

ハイブリットセラミックとは、セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜて製作された歯科素材のことです。

オールセラミックと比べてプラスチックが混合されているため少し柔らかくできています。
そのため噛みあう歯や歯肉などに負担をかけず、適度な強度もあるので症例によっては第一選択肢になることがあります。

二次カリエスになりにくい効果はオールセラミックと同じです。

金属アレルギーも心配しなくて良いので重宝しますが、見た目についてはオールセラミックよりも若干は劣ります。

 

ジルコニアインレー

ジルコニア素材とは金属と同等かそれ以上の強度を持ちながら、わずかに弾性も持つため、破損が少なく使用感も金属よりは使用感が良いです。見た目がセラミックにも近いので審美的にも良い素材です。

強度がある分、薄くても十分な耐久力を出すことができるのでインレーに適しているとも言えます。

硬度が高いので削った穴が小さい場合使用できないケースもありますが、セラミックやハイブリットセラミックよりも強度が強く、金属アレルギーの心配もないので場合によっては適用症例になります。

 

当院提携の歯科技工所では精巧なインレーを作成できます

インレーは削った形と100%同じ形を整形しなければなりません。虫歯によって削られる形は千差万別。非常に複雑な形をしています。精巧な製作技術が必要なこのインレーも、当院提携の歯科技工所では最新の技術で作成可能です。

歯科医が採集した患者様の型取りなどのデータを基に、補填物制作の専門家である歯科技工士が匠の技術で作り上げます。

寸分の狂いも許さないその姿勢はまるで職人。当院が認めた唯一の技術です。
患者様のお口の中で長い間使われる歯科素材には、当院が認めた最新の技術で製作した安心素材をご使用いただいております。

東町グラン歯科の無料メール相談