夜泣きでお困りのお母さん方へ

11745777_856670201048735_8724166822393826589_n

 

このブログでも何度か紹介させていただいている
BioGaiaのロイテリ菌。
お口の中の環境を整えるでなく、便通が良くなった、体調が良くなった等の声を多数頂いており、好評です。

このBioGaiaには小児・乳児用もあります。
「ロイテリ菌」は母乳由来の天然乳酸菌なので安心。
私の子どもにも生まれてすぐより与えておりますが、
驚く事に夜泣きに悩まされた事がほとんどありません。

周囲のお母様方にも使って頂きましたが、夜泣きが明らかに減ったと驚かれています。

夜泣きは赤ちゃんだけではなく、親や周囲の大人たちに
想像以上に大きな精神的なストレスを与えます。

ある研究で10歳時におけるアレルギー障害を比較したところ、
夜泣きを放置された赤ちゃんのアレルギー性鼻炎は、
そうでない赤ちゃんの約6倍、
喘息は約3.5倍、アトピー性皮膚炎は約5倍も発症
という結果がでてきます。

夜泣きを正しくケアすることは、
赤ちゃんが成長する過程で発症する様々な病気のリスクを下げることにも繋がるのです。

欧米では、健康な赤ちゃんが、あやしても何をしても激しく泣き続ける状態を「コリック」と呼びます。
コリックはさまざまな要因が重なって発生すると言われていますが、原因のひとつは、激しい腹痛にあると考えられています。

赤ちゃんのおなかの中では、生まれてから2歳ぐらいまでの間に、ほぼ大人と同じような菌の質やバランスが完成されていきます。その過程がうまくいけば良いのですが、中には色々な理由でその過程がうまくいかない赤ちゃんが多くいるのです。

そうした時に、まるで大人が食中毒になった時と同じような痛みを感じている可能性が高いと考えられるようになってきました。

 

11178292_856670237715398_4909618216481467697_n

 

その対策としてスウェーデンとイタリアの小児科医の研究チームは、
母乳由来の乳酸菌「ロイテリ菌」を与えることで、
赤ちゃんの腸内細菌のバランスを健康的に改善し、
1日に3時間以上泣いていた赤ちゃんの泣く時間が、
50分以下まで短縮されることを発見しました。

試験の結果、他の乳酸菌ではなく唯一ロイテリ菌を与えた赤ちゃんのグループだけ、夜泣き時間が1/4まで短縮されたのです。

ロイテリ菌はもともと母乳の中に含まれている乳酸菌です。
しかし、ストレスや食品添加物の影響で、近年の母親の母乳内からロイテリ菌が減ってしまっていることが分っています。

失ってしまったロイテリ菌を取り戻すこと。
さぁ、夜泣きから解放されママもパパもぐっすり寝て心から子育てを楽しみましょう!!


東町グラン歯科の無料メール相談
初めての方はこちら