歯と口の健康週間



6月4日から1週間は「歯と口の健康週間」です。



“痛くならないと歯医者さんには行きたくない”という声をよく聞きます。

むし歯は、そのままほおっておいて自然に治ることはありません。

痛みを感じるときには、かなり進行している場合が多いんですよ。



むし歯が原因でいろいろな不具合がおこってくるのはよく知られていますよね。

・おいしくご飯が食べられない

・十分に噛むことができないので胃に負担がかかる

・左右のどちらか片方で噛みつづけると顔のゆがみの原因になることも

・むし歯が進むと膿がたまり口臭の原因に

・むし歯が進むと治療にお金がかかる

 などなど。



定期的に健診をして、早期発見・早期治療をするほうが時間も費用も少なくすみます。

ご自分の歯や、歯肉の状態を知りたい方、あまり歯医者さんに行く機会のない方、

この機会にぜひ一度、歯の検診をうけられることをお勧めします。





※歯の衛生週間(日本歯科医師会HPより)

厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が1958年から実施している週間です。

1928年から1938年まで、日本歯科医師会が「6(む)4(し)」に因んで6月4日に「歯予防デー」を実施していました。1949年、これを復活させる形で「口腔衛生週間」が制定されました。

何度か名称変更を経て、2013年から「歯と口の健康週間」になっています。


東町グラン歯科の無料メール相談
初めての方はこちら