「歯の定期検診を受ければ良かった」


昨秋、『PRESIDENT』(2012年11・12号)に
とても興味深い記事が載っていました。



特集のタイトルは「金持ち老後、貧乏老後」。



定年を迎える・迎えた世代の方々の

「リタイア前にやるべきだった・・・」後悔トップ20という記事で、

55歳~74歳の男女1060人を対象に実施された「今、何を後悔していますか?」というアンケートの結果が載っておりました。



なんと健康のパートで最も多かった回答が

「歯の定期検診を受ければ良かった」

というもの。



確かに、ご高齢の患者さまから「もっと早く歯医者さんに行っておけばよかった。若いときはわからんかったー」という言葉をよくお聞きします。

歯を失うと、食の楽しみも減ってしまいますし、

保険適用外の治療となるとお金もかかってしまいます。



“歯の健康を保つことこそ長寿の秘訣”という聖路加国際病院・日野原理事長いわく、

「歯と歯ぐきの間からばい菌が入って歯周病になると、その菌が全身をめぐってインスリンの活動に障害を起こして、糖尿病の原因になることが最近わかってきました」(記事より抜粋)。



前回の投稿と重複しますが(しつこい?いえ、しつこく言わせていただきます)

若いうちから定期的な歯の検診、おすすめします。


東町グラン歯科の無料メール相談
初めての方はこちら