見た目が気にならなくなる歯の被せ物

当院のクラウンが好評なのには理由があります

クラウンとは1本の歯全体に被せる歯科素材のことで、差し歯と呼ばれることもあります。

小さい虫歯を削った穴に詰める物をインレーといいますが、虫歯が大きく、歯を大きく削ってしまった場合、それを覆うようにカバーしなければなりません。それがクラウンです。

僅かに残った歯を土台にしてそれに屋根を被せる感じですね。

クラウンは以前そこにあった自分の歯と同じ役割を果たさなければならなりません。部分的な補填物であるインレーよりも表面積が広いため、見た目が気になる方も多くいらっしゃいます。

従来の保険適用の銀歯では、お口を開けた際の見た目が非常に気になるという方が大変多くいらっしゃいました。銀歯そのものの金属感、メタリックな感じに違和感を覚えるケースがとても多いのです。

また銀歯は変色しやすく、お茶やコーヒーなどの食品の他にも、うがい薬や、歯科医院で治療する際の抗生物質などの薬品にも反応し、黒く変色してしまう性質もあり、なおさら色が気になってしまうということもあります。

当院では保険適用の素材以外にも、使用感や安定性が高く、長い期間安心してお使いいただける歯科素材をご用意しております。

各素材に精通した専門医が、患者様のご要望を伺った上で、クラウンを設置する箇所、周囲の歯の状態、食生活や噛む力などを総合的に評価して、最も適した素材をご提案いたします。

歯科素材はそれぞれメリットやデメリットがあり、その特性も様々です。丁寧なヒアリングにより患者様が何を望んでおられるか、その条件を満たす素材は何か、ということを専門家の目線でアドバイスさせていただきます。

 

当院で使用するクラウン(被せ物)素材

オールセラミッククラウン

全てセラミックでできたクラウンです。陶器素材の為光を通しやすく、審美的に非常に優れた素材です。天然の歯とまず見分けはつきません。

高強度ですが金属ほどではありませんので、歯ぎしりなどでかけてしまう可能性がある場合はハイブリッドセラミッククラウンをお勧めします。
 

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックにプラスチックを混合させて作る素材です。オールセラミックと比べて若干弾性があるため、歯ぎしりなどのストレスを吸収し、破損を防ぎます。

「堅すぎない」というのが最大の特徴で、お口の中の歯茎やほっぺなど柔らかい組織に優しく、また隣り合う歯に負担をかけないなど、セラミックの弱点をカバーしています。

セラミックは金属不使用ですのでアレルギーの心配もいりません。

最近の制度改正で一部の症例で保険が適用になるケースがあります。当院ドクターから詳しい説明を行いますのでお尋ねください。
 

メタルボンドクラウン

これはセラミックの見た目の良さに加えて、中身に金属を使用することにより強度と耐久性を高めた素材です。

中身になる金属に真空状態で陶器素材を焼き付けるという高度な製作技術を必要とします。

見た目はセラミックのように美しく、しかし中身は金属ですので強度もあり、10数年は変色もしないという嬉しい素材です。しかし金属アレルギーのある方は使うことができない場合があります。
 

ジルコニアクラウン

金属と同等かそれ以上の強さを持つ素材ですが、色が白く天然歯に近いため、近年の歯科治療ではよく使用される素材です。

オールセラミックに比べると見た目で若干天然歯と差が出ることがあるので、人工的に着色加工し、患者様の歯に近づけることもできます。

 

当院で使用するクラウンは提携技工所の専門技工士が制作します

歯科医が採集した患者様のお口のデータを基にして、提携する歯科技工所専属の技工士がクラウンを制作します。

お口の中で酷使される歯科補填物は見た目の精工さだけでなく、長い期間の使用に耐えうるよう細心の注意を払って作らなければなりません。

当院により唯一認められた製作技術は当院のお墨付き。必ずご期待に沿う素材をご提供致します。

東町グラン歯科の無料メール相談